道場紹介

齊藤総合武道舘
について

総合武道舘では、古武道、現代武道、中国武術、太極拳などあらゆる武道の枠組みを超えて、理想とする自然な体の動かし方を追求します。

武道の専門家が、生徒ひとりひとりの、能力・目的に合わせた指導を行います。

合気道とは

合気道は日本古来の柔術・剣術の理合を集約した総合武道です。試合での勝ち負けを目的とせず、他者との争いを収める調和の精神を基本としています。一対多人数、武器術など、あらゆる状況に対応します。

香取神道流とは

説明天真正伝香取神道流とは室町時代中期に飯篠家直によって創始され、600年以上に渡り、今なお続く日本最古の武術です。市中での剣術だけでなく、甲冑を備えた状況での剣術、棒術、薙刀、槍、両刀、小太刀、居合など、あらゆる状況下の闘いに対応できる総合武術として稽古をします。

指導者

師範 菅原鉄孝先生

菅原総合武道研究所代表、日本・中国武術健身協会副会長。1960年、合気道開祖・植芝盛平翁に入門し、翌年内弟子となる(合気道七段)。1975年、天真正伝香取神道流に入門、1986年に教師を授かる。1992年、宮城安一師から沖縄剛柔流空手道の教師を授かる。1989年から邢雁老師の中国武術指導を受ける。毎年、海外十数カ国に赴き合気道と香取神道流を指導。現在、東京都町田市の道場で後進の指導をしている。

https://sugawarabudo.com/

菅原先生

道場長 齊藤信一先生

大学入学後、合気道部師範である菅原総合武道研究所、菅原鉄孝先生と出会い、先生の技と人柄に感銘を受け、道場住み込みの内弟子になる。卒業後は、カナダ バンクバー支部へ指導員として単身派遣され、半年間、香取神道流を指導する。帰国後、内弟子修行を再開し、横浜で支部開設を許される。2009年に合気道和田町道場、翌年に、総合武道舘 齊藤道場を設立し、武道を本業とする。 

2011年、ブルガリア支部から招待を受け、指導員としてブルガリア、ギリシャなどの道場で合気道、香取神道流を指導する。以降、本年まで毎年赴き指導を続けている。 

2019年、アメリカ ワシントンD.C.支部Capital Katori から招待を受け、現地の桜祭りで香取神道流を演武する。滞在中、香取と合気道のセミナーを行い指導する。 

他、韓国、中国、スペイン、アメリカ各地で師範の後を追いながら、武道交流を行い国際友好を深めている。 

合気会 合気道五段 

香取神道流 教師免許

Scroll to top